ホームページで見つけた最新大腸の内視鏡検査に関する情報

父の受けた大腸の内視鏡検査は、医療の世界でも最新といわれる方法で行われたものでした。父がそれを受けることができたのは、インターネットで見つけることのできたある病院のホームページに、最新大腸の内視鏡検査についての情報があったからでした。これは以前、父が人間ドッグを受けたときに、大腸の内視鏡検査が必要であると言われたことから、調べてみたことでした。父は40歳を過ぎてから、自主的に人間ドッグを受けることに決めていました。それは、40代にもなると、いつどこで病気にかかってしまってもおかしくはなく、また、もし病気にかかってしまった場合に、早期に発見できていなければ、治す体力も危うくなってきてしまうからでした。そんな父は、ある年の人間ドッグで、大腸の内視鏡検査を受けた方がいいと、ドクターからの勧めがあったそうです。それは、バリウム検査を行った結果、大腸にポリープが見つかったからでした。

ポリープができていた場合、それが良性であるならいいものの、もし悪性だった場合には、必ず取り除かなければなりません。それを判断するためにも、大腸の内視鏡検査を受けなければならないのでした。それにあたって父は、その大腸の内視鏡検査を受ける病院を探すことにしたのです。それは、あまりにもデリケートな検査を受けるにあたって、信用のできる良い病院で検査を受けたいという気持ちがあったからでした。大腸も内視鏡検査というと、肛門からカメラの付けられた管を挿入するというもので、それにはもちろん、自らの陰部をあらわにする必要があります。

それは、たとえ検査であるとはいえ、恥ずかしくないわけがないのです。そのため父は、できるだけ病院の情報を収集し、自分に合った病院を探そうと試みたのでした。そうして調べていたところ、最新大腸の内視鏡検査があるということを知ったのです。それは、少し離れた病院のホームページで見つけることのできた情報でした。その検査には、麻酔を使って受けることができ、痛みを感じることのないままに検査を終えることができると書かれていたのです。これを見つけた父は、たとえ病院が遠かったとしても、この病院で検査受けたいといい、そこまで足を運ぶことに決めたのでした。そうして父は、最新大腸の内視鏡検査を受けることができたのです。本当に痛みのない検査に、父はとても驚いたと言っていました。幸いにも父のポリープは良性で、全てにおいて不安が解消されました。

 

当院は各種点滴療法も行っており、お肌の悩みや慢性的な疲れ、全身倦怠感に見合った療法をご用意してございます。たばこでお困りの方は当院の禁煙外来にお任せください。医院の最新情報は「医院ブログ」も是非チェックしてください!女性にやさしく安心の便秘外来、ピロリ菌外来、漢方外来の診療も行っておりご好評いただいております。大腸を無痛で内視鏡検査するなら当院にお任せ。たまプラーザ南口胃腸内科クリニックの休診日は水曜日と祝日です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)