無痛の大腸の内視鏡情報を検索して早期発見の為の検査を受ける

長年に渡り、穀物や野菜を主菜として食べてきた日本人は、欧米人に較べて大腸が長くなっており効率的に栄養を吸収する事が出来るようになっています。しかし、現在の日本人の食生活はかなり欧米化が進んでおり、いわゆる肉料理を食べる頻度が高まり、それが長い大腸にはかなり困った自体を引き起こす原因になっています。つまり、日本人は欧米人に較べて大腸にポリープや癌などが発生しやすくなってしまったのです。

それらの病気は、大腸内視鏡検査を定期的に受ける事で、早期の内に発見、治療して完治する事ができます。しかし、大腸の中に直径1cmほどの細い物とは言え、チューブを挿入する事によって受ける不快感や痛みは相当な物であり、明らかに癌などの症状が出た後ならともかく、定期検査として受けるにはどうしても尻込みしてしまう人が多いため、折角の早期発見のチャンスを棒に振っている人が後を絶ちません。この痛みと不快感の原因は、大腸の形状に理由があります。イラストにすれば単純に真っ直ぐ描かれる大腸も、実際は肛門を入ってすぐにS状結腸と呼ばれる、文字通りS字を描いている部分があり、ここをチューブが通過する際にどうしても腸を強引に伸ばす事になり、そのせいで痛みと不快感を感じてしまうのです。

現在、殆どの病院ではそれを回避するための技術が備わっておらず、更に検査内容自体に影響がない為、改善される方向へは特に進んでいないと言うのが現状であり、結果として検査を受ける患者の立場は度外視されがちです。しかし、このチューブの挿入を従来よりゆっくり、そして丁寧に行う事で、そのS字部分を無理に伸ばすことなく通し、結果それらの不快感と痛みを殆ど感じない、あるいは無痛と呼べる程まで改善する事は可能なのです。軸保持短縮法と呼ばれるこの方法は、残念ながら全ての病院で受けられるとは限りませんし、医師の経験と腕前次第ですから、場合によってはこの手法でも痛みを感じてしまう事も有り得ます。それでも従来の強引にチューブを挿入していく手法に較べれば、患者の感じる不快感、痛みは相当に抑えられ、検査を受ける事に苦痛を覚悟する必要はなくなります。無痛の大腸の内視鏡情報として検索する事で、その方法で検査を受けられる病院やクリニックを見つける事が出来ます。それ以上の情報を求めるなら、病院に関連した口コミ情報サイトで、実際に検査を受けた人の意見が参考になります。そして自分も実際に検査を受けた事があるなら、その善し悪しに拘わらず、情報を是非多くの人々と共有するべきです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)